[ArcheAge] Dew Plain

6月に出る’雫の野原’という特殊な戦場として、中央の巨大な楔からスタートして各地域の戦場ポイント占領、そして点数を得る方式でプレイするにしました。 初制作には円盤で金属の楔だけを制作するようにしましたが、できるだけ華麗さの追加を要請されて、それとともに時の流れを感じるように隙間と魔法の傷跡を残りました。エフェクトにはFXチームのお助けをもらって楔の隙間を追加し、マスクを描いて金属に魔法の流れがある表現を制作しました。(レベル公同作業:BahnChoWon、JungMooYong / FX 呉昌南 制作)

[ArcheAge] The Throne

2013年冬のDLCアイテムとして制作したものです。DLCの12種の武器を全部買えば差し上げるものとして、スクリーンショットのように買ったDLC武器を展示することができます。これの制作にはLowポリゴンを作った後、龍の鱗を表現するためにアンラップした部分にたいしてHeightMapping作業をしました。そしてZ-brushに移ってディテール化しながらマテリアルカラーライジングにセーブしてX-normalに呼んで、金属材質と皮の材質を表現しようとしました。

[ArcheAge] Halloween Pumpkin

ハロウィーンイベントのメインとして人々が集めて作る制作インターレックションがあるものです。製作段階を全部別々制作することは時間がなかったので、完成段階の以前のは在来のテキスチャーをリサイクルして作りました。

[ArcheAge] Ruins

北の大陸である太陽の野原と黄金廃墟の地域で公用オブジェクトとして配置されたものです。元々は泥だらけのスタイルで制作したんですが、草原とか海洋にも配置出来るようにテキスチャーを3個のバージョンで作りました。壁のタイルはまずテキスチャーを呼んでフォトショップでHeightmapは作業をした後、Z-brushに移って法線マップの材質とディテール作業をしました。 フロアーブロックのものは最初からZ-Brushで2.5Dの作業してTileMappingしました。

[ArcheAge] Fleshspot

東大陸(アジア人種)首都の広い歓楽街の作るつもりでしたが、大都市のせいでDPとかラグの問題が起こって中途に変わりました。で配置されたプラップの数とスケールが小さくなりました。メインのショーガール・ブースとルーム、ルームの中にいる公用プラップである色んな枕を作りました。